スポンサーリンク

ニュージーランドでファーウェイ排除、中国政府が深刻な懸念を表明


ニュージーランドで中国のHuawei Technologies (華為技術)が排除された事案について中国政府が懸念を表明したことが分かった。

中国の政府機関で外交を担う外交部(Ministry of Foreign Affairs:MFA)が2018年11月28日に開催した定例記者会見において、外交部の報道官が記者の質問に回答するかたちでHuawei Technologiesが排除された事案について言及している。

外交部の報道官はHuawei Technologiesが排除された事案に対して、深刻に懸念していると述べた。

また、中国政府としての立場も改めて説明しており、中国政府は中国企業に対して市場原理および国際規則に基づき、また現地法を遵守したうえで対外経済協力を展開することを推奨してきたという。

中国とニュージーランドの経済貿易協力の本質は相互利益であり、ニュージーランド側が中国企業に対して公平な競争環境を提供することを願うとコメントした。

ニュージーランドでは同国の移動体通信事業者(MNO)であるSpark New Zealandが第5世代移動通信システム(5G)の無線アクセスネットワーク(RAN)をHuawei Technologiesより調達する方針を固めていた。

しかし、Spark New Zealandがニュージーランドの政府機関である政府通信保安局(Government Communications Security Bureau:GCSB)に対して5Gの導入に係る計画書を提出したところ、ベンダにHuawei Technologiesが含まれることを理由に計画書が却下された。

事実上、ニュージーランド政府は5G市場でHuawei Technologiesを締め出したことになる。

外交部

■関連記事
ニュージーランド政府、ファーウェイの5G機器を利用禁止

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK