スポンサーリンク

ソフトバンクが5Gの通信設備でファーウェイとZTEを排除へ、日経報じる


SoftBankは第5世代移動通信システム(5G)の通信設備で中国のHuawei Technologies (華為技術)およびZTE (中興通訊)を排除することが日本経済新聞の報道で分かった。

SoftBankおよびグループ企業のWireless City Planningは第4世代移動通信システム(4G)でHuawei TechnologiesおよびZTEの通信設備を採用しているが、日本経済新聞によると5GではHuawei TechnologiesおよびZTEの通信設備を採用しない方針を固めたと伝えられている。

日本政府が実質的にHuawei TechnologiesおよびZTEを排除する方針を決めたため、SoftBankは日本政府の判断に足並みを揃えるという。

既存のHuawei TechnologiesおよびZTEから調達した4Gの通信設備に関しては、ほかのベンダへの切り替えをこれから判断する模様である。

日本政府は安全保障上のリスクを懸念し、2018年12月10日に政府機関のIT調達に係る統一基準群の申し合わせを実施した。

申し合わせは防護すべき情報システム、機器、役務などとその調達方針および調達手続きの規定が目的で、特定の企業や製品の排除は目的ではないと説明しており、実際に特定の国や企業の名指しはないが、Huawei TechnologiesおよびZTEを念頭に置いた措置と考えられている。

そのため、日本政府は実質的にHuawei TechnologiesおよびZTEを排除したと認識されている。

このような日本政府の動きを受けて、SoftBankはHuawei TechnologiesおよびZTEを排除する方針を固めた模様である。

日本経済新聞

■関連記事
日本政府がスマホ含むIT機器の調達でセキュリティ重視の申しわせ、特定企業は名指しせず

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK