スポンサーリンク

約6.4インチのディスプレイを搭載したSamsung Galaxy S10+を発表


韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/(CDMA2000)/GSM端末「Samsung Galaxy S10+ (SM-G975x)」を発表した。

Samsung Electronicsが2019年上半期のフラッグシップとして展開するSamsung Galaxy S10シリーズのハイスペックなスマートフォンである。

OSにはAndroid 9 Pie Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のSamsung Exynos 9 Series 9820または64bit対応のQualcomm Snapdragon 855 Mobile Platformで、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイは約6.4インチWQHD+(1440*3040)Curved Dynamic AMOLEDを搭載し、画素密度は522ppiとなる。

アスペクト比が19:9のディスプレイとなり、カメラ部分のみをくり抜いてフロントのディスプレイ占有率を高めたInfinity-Oを採用する。

カメラはリアに2個の光学式手ブレ補正に対応した約1200万画素CMOSイメージセンサと約1600万画素CMOSイメージセンサからなるトリプルカメラ、フロントに約1000万画素CMOSイメージセンサと約800万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラを備える。

通信方式はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/(CDMA2000)/GSM方式に対応している。

LTE DL Category 20およびLTE UL Category 13に対応し、下りはキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した7コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(7CC CA)、256QAM、4×4 MIMO、上りはアップリンク・キャリアアグリゲーション(ULCA)および64QAMを実装しており、通信速度は下り最大2Gbps/上り最大150Mbpsとなる。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)も利用できる。

SIMカードはシングルSIMまたはデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズである。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)やNFC Type A/Bにも対応する。

システムメモリの容量は8GBまたは12GBで、内蔵ストレージの容量は128GB、512GB、1TBが用意される。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備えている。

IP68に準拠した防水性能や防塵性能を有する。

電池パックは内蔵式で、容量は4100mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用している。

Wireless Power Consortium (WPC)のQiおよびPower Matters Alliance (PMA)に準拠した無線充電を利用できる。

無線充電に対応した機器に対する無線給電にも対応する。

生体認証は顔認証と指紋認証に対応しており、指紋認証はディスプレイ一体型となる。

カラーバリエーションはPrism White、Prism Black、Prism Green、Prism Blue、Canary Yellow、Flamingo Pink、Ceramic Black、Ceramic Whiteの8色展開である。

選択された市場で2019年3月8日に発売する予定で、価格は999.99米ドル(約111,000円)からとなっている。


Samsung Electronics

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK