スポンサーリンク

QualcommがAppleと和解、iPhoneに通信モデムを供給再開へ


米国のQualcommおよびAppleは特許紛争に関して和解することで合意に達したと発表した。

Qualcommは2019年4月16日付けでAppleと同社の契約製造者を含むすべての訴訟を終了することで合意に達したという。

和解ではAppleからQualcommに対するライセンス料の支払いが約束されている。

また、2019年4月1日に発効した6年間のライセンス契約を締結したほか、ライセンス契約の2年間の延長オプションおよび複数年にわたるチップセットの供給契約も含まれる。

QualcommとAppleはライセンス料などをめぐる訴訟合戦を世界各地で繰り広げて対立が激化していた。

Appleが2018年に発表したiPhoneは通信モデムの供給元がQualcommの完全子会社であるQualcomm Technologiesから米国のIntelへ完全に切り替わった。

Qualcomm Technologiesは最先端の通信モデムを供給しているが、特許紛争の影響を受けてAppleはQualcomm Technologies製の通信モデムを採用できず、iPhoneの通信性能は先に発売されたOSにAndroidを採用したハイエンドのスマートフォンと比べて劣る状況も起きていた。

ようやくQualcommとAppleが和解に達しており、チップセットの供給契約も締結したため、早ければ2019年に発表するiPhoneからQualcomm Technologiesが開発した通信モデムを採用すると思われる。

Qualcomm Technologiesは第5世代移動通信システム(5G)に関連した特許も多く保有しており、Appleとしては5Gが本格化する時代にQualcomm Technologiesと対立を深めることは得策ではないと判断したと思われる。

Qualcomm

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK