スポンサーリンク

ギニアのOrange Guinee、同国初の4G LTEサービスを開始


ギニア(ギニア・コナクリ)の移動体通信事業者(MNO)であるOrange Guineeは4GとしてLTEサービスの提供を開始した。

まずはギニアの首都・コナクリをLTEサービスの提供エリアとしている。

LTEサービスを利用するためには、利用する携帯端末とSIMカードの両方がLTEサービスに対応する必要がある。

ダイヤル画面から*444#と入力して発信すると、携帯端末とSIMカードのLTEサービスの対応状況を判別できるという。

Orange GuineeはフランスのOrangeの連結子会社で、Orangeが保有するOrangeブランドで展開している。

Orange Guineeに対するOrangeの出資比率は38.17%となっている。

なお、Orange GuineeはLTEサービスの開始に先立ち、2019年3月14日に4Gのライセンスを取得した。

4Gのライセンスは有効期間が10年間でライセンス料は9,000万米ドル(約101億円)となり、ギニアで初めて交付された4Gのライセンスとなった。

4Gのライセンスに基づいてLTEサービスを提供することになり、早期にLTEサービスの導入に向けて準備していたコナクリからLTEサービスを提供する。

これまでに、ギニアでLTEサービスを商用化した移動体通信事業者はなく、Orange Guineeがギニアで初めてLTEサービスを商用化したことになる。

Orange Guinee

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK