スポンサーリンク

LG V50 ThinQ 5Gの販売を開始、韓国で2機種目の5Gスマホ


韓国のLG Electronicsはスマートフォン「LG V50 ThinQ 5G (LM-V500N)」を韓国で発売した。

当初は2019年4月19日に発売すると発表していたが、発売日を延期して2019年5月10日より販売を開始している。

韓国の移動体通信事業者(MNO)であるSK Telecom、KT Corporation、LG Uplus (LG U+)が取り扱うほか、LG BEST SHOPなどで自給制でも販売を行う。

LG V50 ThinQ 5Gは第5世代移動通信システム(5G)に対応したスマートフォンで、LG Electronicsにとっては初めて、韓国では2機種目の5Gに対応したスマートフォンである。

OSにはAndroid 9 Pie Versionを採用する。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 855 Mobile Platformで、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイはFullVisionと呼ばれる約6.4インチWQHD+(1440*3120)有機ELを搭載している。

アスペクト比が19.5:9のディスプレイで、画素密度は538ppiとなる。

カメラはリアに2個の約1200万画素CMOSイメージセンサと約1600万画素CMOSイメージセンサからなるトリプルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサと約500万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラを備える。

通信方式はNR/LTE/W-CDMA/GSM方式に対応している。

NR方式の通信モデムとしてはQualcomm Snapdragon X50 5G Modemを搭載する。

SIMカードはシングルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)やNFCにも対応している。

韓国のモバイル向け地上デジタル放送であるT-DMBに対応し、解像度がHD(1280*720)のHD DMBを視聴できる。

システムメモリの容量は6GBで、内蔵ストレージの容量は128GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを搭載する。

IP68に準拠した防水性能や防塵性能に加えて、米国の政府機関である国防総省(Department of Defense:DoD)が制定したMIL-STD-810Gに準拠した耐久性を備える。

電池パックは内蔵式で、容量は4000mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用し、無線充電にも対応している。

生体認証は指紋認証と顔認証を利用できる。

カラーバリエーションはAstro Blackの1色展開である。

出庫価格は1,199,000韓国ウォン(約112,000円)に設定されている。


LG Electronics

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK