スポンサーリンク

エアバス、メキシコでMVNOサービスMXLINKを開始


メキシコのAIRBUS SLCはメキシコで仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯通信サービスを開始した。

ブランド名をMXLINKとして携帯通信サービスを提供する。

一般向けの携帯通信サービスではなく、メキシコの公安当局や防衛当局を対象とした携帯通信サービスとなる。

安全性、信頼性、品質が高い携帯通信サービスを特徴としており、セキュア仮想移動体通信事業者(SMVNO)と称している。

まずはメキシコの首都・メキシコシティでMXLINKの提供を開始した。

なお、AIRBUS SLCによるとMXLINKのような性質の携帯通信サービスは中南米では初めての事例という。

MXLINKはメキシコのALTAN Redesが構築したRed Compartidaのネットワークを利用する。

Red Compartidaは卸売専用のネットワークとなり、ALTAN Redesがメキシコ全土でRed Compartidaのネットワークの構築を進めている。

周波数はAPT700 FDDとも呼ばれるLTE (FDD)方式の700MHz帯(Band 28)である。

なお、AIRBUS SLCはフランスのAIRBUSの子会社でフィンランドのAIRBUS DEFENCE AND SPACEのメキシコ法人となる。

AIRBUS DEFENCE AND SPACEはフィンランドのNokiaのTETRA事業を起源としており、携帯端末の開発も行っている。

AIRBUS SLC

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK