スポンサーリンク

シンガポールのStarHub Mobileがサブブランドgiga!を提供


シンガポールのStarHub (星和)の完全子会社で同国の移動体通信事業者(MNO)であるStarHub Mobile (星和移動)はサブブランドとしてgiga!の展開を開始したことが分かった。

StarHub MobileはStarHubの移動体通信事業を担当する子会社で、周波数の割当などもStarHub Mobileが受けている。

これまで、StarHub Mobileは親会社の社名と同じくStarHubをブランドとして展開してきたが、サブブランドとして新たにgiga!を立ち上げた。

giga!は定期契約なしのポストペイド契約で、シンガポール国内でデータ通信、音声通話、SMSを使える。

端末の販売は行わないため、加入時に端末の購入を伴うことはない。

料金プランは1種類のみで、月間データ通信容量は25GB、音声通話は1,000分、SMSは1,000件で、月額料金は25シンガポールドル(約2,000円)となっている。

未使用のデータ通信容量は最大で2ヶ月まで繰り越せる。

データ通信容量が不足する場合は、1GBのデータ通信容量を2シンガポールドル(約160円)、WhatsAppに限定した1GBのデータ通信容量を1シンガポールドル(約79円)、InstagramおよびFacebookに限定した1GBのデータ通信容量を1シンガポールドルで追加購入できる。

国際ローミングにも対応しているが、指定の国と地域で利用できるローミングパスを5シンガポールドル(約400円)で追加購入する必要がある。

ローミングパスを追加購入すると5日間にわたり1GBのデータ通信を使える。

指定の国と地域には日本、豪州、中国、香港特別行政区、インドネシア、韓国、マカオ特別行政区、マレーシア、ミャンマー(ビルマ)、ニュージーランド、フィリピン、台湾、タイ、ベトナムが含まれる。

StarHubの名義でOSにAndroidまたはiOSを採用した端末向けにgiga!のアプリケーションを公開しており、giga!のアプリケーションでアカウントを作成して加入できる。

基本的に加入やサポートはオンラインを通じて行い、サポートはFacebook、WhatsApp、giga!のアプリケーション、giga!の公式ウェブサイトで受け付ける。

シンガポールではStarHub Mobileが新規参入した2000年4月から移動体通信事業者は20年近くもStarHub Mobile、Singtel Mobile Singapore、M1の3社体制が続いてきた。

また、3社に対抗すべく参入した仮想移動体通信事業者(MVNO)はすぐに撤退していたが、2016年から状況が変化して仮想移動体通信事業者が増加傾向にある。

2019年後半にはTPG Telecomがシンガポールで20年弱ぶりに移動体通信事業者として新規参入する予定で、料金を巡る競争は激化する見通し。

TPG Telecomや仮想移動体通信事業者に対抗するために、M1は経営体制を見直し、Singtel Mobile SingaporeはサブブランドとしてGOMOを立ち上げた。

StarHub MobileはSingtel Mobile Singaporeの動きを意識したと思われ、サブブランドとしてgiga!の展開を開始することになった。

giga!

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK