スポンサーリンク

Samsung Galaxy A90 5GとなるSM-A908BがWi-Fi認証を通過


韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のNR/LTE/W-CDMA/GSM端末「SM-A908B」が2019年8月1日付けでWi-Fi Allianceの認証を通過した。

無線LANの規格はIEEE 802.11a/b/g/n/acで認証を受けている。

2.4GHz帯に加えて5GHz帯の無線LANも利用できる。

未発表端末の型番であり、型番規則からSamsung Galaxy A90 5Gとして発表される見通し。

Samsung Galaxy A90の第5世代移動通信システム(5G)に対応したバージョンとなる。

すでにベンチマークなどに登場しており、スペックの一部が判明している。

OSにはAndroid 9 Pie Versionを採用する。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 855 Mobile Platformを搭載し、CPUはオクタコアとなっている。

システムメモリの容量は6GBとなる。

また、電池パックの容量は4500mAhであることも分かっている。

これまで、Samsung ElectronicsはフラッグシップのシリーズであるSamsung Galaxy SシリーズおよびSamsung Galaxy Noteシリーズで5Gに対応したスマートフォンを発表している。

Samsung Galaxy A90 5Gはフラッグシップのシリーズではない中低価格帯のSamsung Galaxy Aシリーズで初めての5Gに対応したスマートフォンとなる。

ただ、中低価格帯のSamsung Galaxy Aシリーズとはいえスペックはハイエンド寄りであるため、Samsung Galaxy Aシリーズで最高価格となることは確実で、フラッグシップのシリーズより少し安い程度の価格設定になると思われる。

Wi-Fi Alliance

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK