スポンサーリンク

ソフトバンクグループ傘下の米Sprint、OnePlus 7 Pro 5Gを発売へ


SoftBank Groupの子会社で米国の移動体通信事業者(MNO)であるSprintは中国のOnePlus Technology (Shenzhen) (深圳市万普拉斯科技)製の第5世代移動通信システム(5G)に対応したスマートフォンを取り扱うと発表した。

5Gに対応したOnePlus Technology (Shenzhen)製のスマートフォンはSprintにとって4機種目の5Gに対応した端末になると案内している。

具体的なスペック、価格、発売日などは近日中に発表する予定という。

製品名なども明らかにされていないが、OnePlus Technology (Shenzhen)は5Gに対応したスマートフォンとしてOnePlus 7 Pro 5Gを発表しており、Sprint向けにはOnePlus 7 Pro 5Gを投入する可能性が高い。

OnePlus Technology (Shenzhen)は米国の移動体通信事業者としてはT-Mobile USA向けにスマートフォンを納入した実績があるが、Sprint向けには初めてスマートフォンを納入することになる。

Sprintはすでに5Gサービスを商用化しており、ジョージア州アトランタ、テキサス州ダラス・フォートワース複合都市圏、テキサス州ヒューストン、ミズーリ州カンザスシティ、イリノイ州シカゴとそれら近郊都市の一部で5Gサービスを利用できる。

5Gの通信方式として標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式を導入している。

周波数はFR1の2.5GHz帯を利用しており、NR Bandはn41となる。


Sprint

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK