スポンサーリンク

フィリピンのSmartがVoLTEを商用化、マニラ首都圏で


フィリピンのPLDTの完全子会社で同国の移動体通信事業者(MNO)であるSmart CommunicationsはVoLTE (Voice over LTE)を商用化したと発表した。

VoLTEはLTEネットワーク上で音声通話を実現する技術で、高音質な音声通話、高速な発着信、音声通話中の高速なデータ通信などが期待できる。

まずはマニラ首都圏のLTEサービスの提供エリアにおいてVoLTEが有効となる。

初期の段階では選択された特定の加入者がVoLTEを利用可能となり、すぐにSmart Signatureプランの加入者もVoLTEを利用可能となる予定である。

Smart Communicationsが提供するVoLTEは韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)および中国のHuawei Technologies (華為技術)が提供する一部のスマートフォンが対応しており、具体的にはSamsung ElectronicsはSamsung Galaxy S8シリーズおよびその後継機種、Huawei TechnologiesはHUAWEI Mate 20シリーズおよびHUAWEI P20シリーズがVoLTEに対応する。

VoLTEに対応したスマートフォンの機種数は順次拡大する方針という。

なお、高音質な音声通話などVoLTEの恩恵を受けるためには、発信側と着信側の双方がVoLTEを利用できる環境下の必要がある。

Smart Communicationsの親会社であるPLDTにはNTT DOCOMOが資本参加しており、NTT DOCOMOによる持分比率は8.56%となっている。

Smart

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK