スポンサーリンク

エジプトのGlobal Telecom、VEONからの中核事業買収の提案を承認


エジプトのGlobal Telecom Holding (GTH)の取締役会は同社の親会社で英領バミューダ諸島のVEONが提出した中核事業の買収の提案を承認したと発表した。

VEONはオランダに本社機能を設置しており、完全子会社でオランダのVEON Holdingsを通じてGlobal Telecom Holdingの発行済み株式の98.24%を保有する。

VEONはGlobal Telecom Holdingが保有するバングラデシュのBanglalink Digital Communications、パキスタンのPakistan Mobile Communications、アルジェリアのOptimum Telecom Algerie、パキスタンのMobilink Microfinance Bankの買収を提案しており、買収額はそれぞれ249億1,600万バングラデシュタカ(約313億7,015万円)、3,133億3,500万パキスタンルピー(約2,079億5,191万円)、701億9,500万アルジェリアディナール(約622億191万円)、147億4,100万パキスタンルピー(約97億8,329万円)を提示したという。

Global Telecom Holdingの取締役会はVEONの提案を承認し、VEONが申し出た金額で中核事業をVEONに売却する計画である。

Banglalink Digital Communications、Pakistan Mobile Communications、Optimum Telecom Algerieは移動体通信事業者(MNO)であり、それぞれブランド名をBanglalink、Jazz、Djezzyとして展開している。

VEONとしてはGlobal Telecom Holdingを通じてGlobal Telecom Holdingの中核事業を保有していたが、直接的に保有して支配力を強化するほか、企業構造をより簡素化する狙いがある。

VEONは旧社名がVimpelComで、本社機能はオランダに設置している。

ロシア、カザフスタン、ウズベキスタン、キルギス、アルメニア、ジョージア、ウクライナで移動体通信事業を手掛け、そのうちウクライナ以外ではVEONの代表的なブランドであるBeelineのブランド名で展開する。

また、Global Telecom Holdingは旧社名がOrascom Telecom Holding (OTH)で、VimpelComの時代にVEONの買収によってOrascomの名称が使用不可となり、社名をGlobal Telecom Holdingに変更した経緯がある。

Orascom Telecom Holdingの時代には朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)、レバノン、エジプトでも移動体通信事業を展開していたが、北朝鮮、レバノン、エジプトの移動体通信事業はVEONが取得せず、Global Telecom Holdingの創業者らが新設したエジプトのOrascom Telecom Media and Technology Holding (OTMT)に移管された。

なお、Orascom Telecom Media and Technology Holdingはエジプトの移動体通信事業からは撤退し、社名はOrascom Investment Holding (OIH)に変更している。

VEON

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK