スポンサーリンク

豪州のOptusが5Gサービスの加入受付を開始


豪州のSingtel Optusの完全子会社で同国の移動体通信事業者(MNO)であるOptus Mobileは第5世代移動通信システム(5G)サービスの加入の受け付けを開始した。

固定通信用途で提供する5G Home Broadbandの加入を受け付けている。

5G Home Broadbandでは対応端末としてフィンランドのNokiaが開発した据置型無線LANルータを提供する。

ただ、5G Home Broadbandは自由に加入できるわけではなく、まずはOptus Mobileの公式ウェブサイトで据置型無線LANルータの設置場所を入力し、設置場所が5Gサービスのエリアであれば申し込みに進める。

5G Home Broadbandはポストペイド契約のみで、月額料金は70豪州ドル(約5,000円)に設定されており、月間データ通信容量は無制限である。

初期費用として200豪州ドル(約14,000円)が発生するが、24ヶ月契約を選択すると初期費用が無料となる。

また、5G Home Broadbandの開始からしばらくは1ヶ月目の月額料金を無料とするが、1ヶ月目の月額料金を無料とする措置は期間限定と案内している。

5Gの通信方式は標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式である。

NR方式とLTE方式が連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)構成を採用する。

周波数は3.5GHz帯を使用しており、NR Bandはn78となる。

豪州では最大手の移動体通信事業者であるTelstraがすでに5Gサービスを商用化しており、Optus Mobileは豪州の移動体通信事業者としては2番目に5Gサービスを商用化することになる見込み。

なお、Singtel OptusはシンガポールのSingapore Telecommunications (新加坡電信:Singtel/新電信)の完全子会社である。

Optus

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK