スポンサーリンク

携帯電話事業者各社、SMSの事業者間の最大送信文字数を拡張

NTT DOCOMO、KDDIおよび同社の連結子会社であるOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)、SoftBankおよび同社の連結子会社であるWILLCOM OKINAWA (ウィルコム沖縄)はショートメッセージサービス(SMS)の事業者間の最大送信文字数を拡張すると明らかにした。

これまで、他事業者の携帯電話に対するSMSの送信は1回あたり2バイトの文字で70文字まで、半角英数字のみを使用する場合は160文字までとなっていた。

2019年9月10日より他事業者の携帯電話に対するSMSの最大送信文字数を1回あたり2バイトの文字で670文字、半角英数字のみを使用する場合は1,530文字までに拡張する。

なお、SMSを利用する場合は送信側と受信側の双方がSMSを利用できる機種を使用かつSMSを利用できるプランを契約している必要がある。

利用する機種またはSMSを使用するアプリケーションによって1回に送信できる文字数が異なる場合があり、またアプリケーション側で設定が必要な場合もあるため注意しておきたい。

送信文字数に応じて1回あたり3~30円の送信料が発生する。

具体的な文字数ごとの送信料は2バイトの文字の場合、1~70文字で3円、71~134文字で6円、135~201文字で9円、202~268文字で12円、269~335文字で15円、336~402文字で18円、403~469文字で21円、470~536文字で24円、537~603文字で27円、604~670文字で30円となっている。

半角英数字のみを使用する場合、1~160文字で3円、161~306文字で6円、307~459文字で9円、460~612文字で12円、613~765文字で15円、766~918文字で18円、919~1071文字で21円、1072~1224文字で24円、1225~1377文字で27円、1378~1530文字で30円となる。

なお、SoftBankおよびWILLCOM OKINAWAが展開するY!mobileブランドもSMSの事業者間の最大送信文字数を拡張する対象で、Y!mobileブランドのPHSも同様に変更される。

NTT DOCOMO
KDDI
SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK