スポンサーリンク

タンザニアのAirtel TanzaniaがLTEサービスを開始、まずは首都・ドドマで


インドのBharti Airtelの子会社でタンザニアの移動体通信事業者(MNO)であるAirtel Tanzaniaは第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式を商用化した。

Airtel 4GとしてLTEサービスの提供を開始している。

まずはタンザニアの首都・ドドマからLTEサービスの提供を開始しており、最大都市・ダルエスサラームを含めたほかの都市には順次拡大する計画である。

LTEサービスを利用するためにはLTEサービスに対応したSIMカードが必要となる。

Airtel TanzaniaのSIMカードを利用していることを前提として、ダイヤル画面からUSSDコードの*149*95#を発信するとSIMカードがLTEサービスに対応しているかどうか確認できる。

LTEサービスの開始を記念してプロモーションも実施しており、LTEサービスに対応したSIMカードに交換または新規購入すると4GBのデータ通信を付与するという。

Airtel TanzaniaはBharti Airtelとタンザニア政府の合弁会社で、Bharti Airtelが保有するAirtelのブランドで展開している。

Bharti AirtelがクウェートのMobile Telecommunications Company (MTC)から買収した当初の持分比率はBharti Airtelが60%、タンザニア政府が40%となっていたが、2019年1月からはBharti Airtelとタンザニア政府の合意に基づき、Bharti Airtelが51%、タンザニア政府が49%となった。

Airtel Tanzania

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK