スポンサーリンク

シンガポールのTPG Telecom、フィリピンで国際ローミング開始へ


シンガポールで移動体通信事業者(MNO)として新規参入するTPG Telecomはフィリピンで国際ローミングの提供を開始すると発表した。

TPG Telecomの携帯通信サービスは商用化しておらず、2019年1月よりトライアルとして限定的に提供している。

2019年7月からはマレーシアおよびインドネシアを対象として国際ローミングの提供を開始し、2019年10月にはインドも国際ローミングの対象に追加しており、追加料金なしで国際ローミングを利用できる。

なお、インドはマハーラーシュトラ州の州都・ムンバイで最初に国際ローミングの提供を開始し、その後に旧ジャンムー・カシミール州の領域にあたるラダック連邦直轄領およびジャンムー・カシミール連邦直轄領を除いたインド全土に拡大した。

国際ローミングでは無制限のデータ通信、無制限のシンガポールの携帯電話番号宛の音声通話、20分のシンガポールの固定電話番号宛の音声通話、すべての音声通話の着信およびSMSの受信を追加料金なしで使える。

フィリピンでは2020年1月31日より国際ローミングの提供を開始する予定である。

対象の移動体通信事業者は公表しておらず、提供の開始日が迫れば公表する見込み。

フィリピンの移動体通信事業者はSmart CommunicationsおよびGlobe Telecomの2社であるため、この2社のいずれかが対象の移動体通信事業者となる。

TPG Telecom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK