スポンサーリンク

VEON、UComとアルメニア事業の売却協議を認める


オランダに本社機能を置く英領バミューダ諸島のVEONはアルメニア事業の売却に関してアルメニアの移動体通信事業者(MNO)であるUComと協議に入ったことが分かった。

これまで、複数のメディアがVEONはアルメニア事業をUComに売却する方向でUComと協議に入ったと伝えていた。

ようやくVEONが公式声明を発表し、アルメニア事業の売却に関してUComと協議に入ったことを認めた。

UComとの協議の結果、アルメニア事業の売却に至る可能性もあり、至らない可能性もあると案内しており、最終的な決断は下されていない模様である。

また規制要件に従って、開示義務がある重要な更新があれば改めて通知するという。

VEONは完全子会社のVEON Armeniaを通じてアルメニア事業を手掛ける。

VEON Armeniaは移動体通信事業などを主要事業としており、VEONが保有するBeelineのブランドで展開している。

VEON ArmeniaとUComは競合関係にあたり、仮にUcomがVEON Armeniaを取得することになれば、VEON Armeniaを消滅会社としてUComと統合する可能性が高い。

VEONは旧社名がVimpelComで、ロシアで創業した。

アルメニアのほかにロシア、ウクライナ、ジョージア、キルギス、カザフスタン、ウズベキスタン、パキスタン、バングラデシュ、アルジェリアで移動体通信事業を展開する。

VEON

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK