スポンサーリンク

楽天モバイル、MNOとして提供する楽天回線を4月に商用化


Rakuten Mobile (楽天モバイル)は移動体通信事業者(MNO)として提供する楽天回線を2020年4月に商用化すると正式に明らかにした。

これまでより、Rakuten Mobileは2020年4月に楽天回線を商用化する意向を明らかにしていたが、2020年1月23日に開催した記者会見で正式に表明した。

完全仮想化クラウドネットワークを導入して設備投資や運用コストを抑えられるため、低廉な料金でサービスを提供できるという。

Rakuten Mobileは楽天回線の正式な商用化に先立ち、2019年10月より無料サポータープログラムを実施して楽天回線を試験的に無料で提供している。

無料サポータープログラムの対象は東京都特別区(東京23区)、大阪府大阪市、兵庫県神戸市、愛知県名古屋市に居住する満18歳以上の5,000人に限定していたが、2020年1月23日からは2次募集を開始しており、対象を東京都特別区、大阪市、神戸市、名古屋市に居住する満18歳以上の最大20,000人に拡大する。

無料サポータープログラムを通じてより多くの意見や要望を集め、楽天回線の商用化に向けた準備を加速する方針という。

なお、楽天回線はRakuten Mobileが基地局の整備を行う。

2020年1月時点で3,000局以上の基地局を屋外に開設しており、基地局の開設数は2020年3月までの認定計画値を上回ると見込んでいる。

通信方式および周波数はLTE (FDD)方式の1.8GHz帯(Band 3)を使用し、帯域幅は20MHz幅*2または5MHz幅*2で運用する。

帯域幅が20MHz幅*2であれば下りは256QAMおよび4×4 MIMO、上りは64QAMに対応した端末で通信速度が下り最大400Mbps/上り最大75Mbpsとなる。



Rakuten Mobileが設置した基地局

Rakuten Mobile
楽天市場

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK