スポンサーリンク

楽天モバイル、無料サポータープログラム対応店舗の混雑を案内


Rakuten Mobile (楽天モバイル)は無料サポータープログラムの対応を受け付ける楽天モバイルショップに関して、無料サポータープログラム以外の手続きは混雑のため近隣の店舗を検討するよう案内していることが分かった。

Rakuten Mobileは移動体通信事業者(MNO)として提供する楽天回線の正式な商用化に先立ち、2019年10月より無料サポータープログラムとして対象者を限定して楽天回線の携帯通信サービスを無料で試験的に提供している。

2020年1月23日の13時からは無料サポータープログラムの2次募集を行い、2020年1月28日より契約の案内に関する電子メールを順次送信しており、電子メールに記載されたクーポンコードを利用してオンラインもしくは6店舗の楽天モバイルショップで契約できる。

東京都渋谷区の楽天モバイル 恵比寿店、東京都渋谷区の楽天モバイル 渋谷公園通り店、東京都豊島区の楽天モバイル 池袋東口店、愛知県名古屋市の楽天モバイル 名古屋栄店、大阪府大阪市の楽天モバイル 心斎橋店、兵庫県神戸市の楽天モバイル 神戸三宮店の6店舗が無料サポータープログラムの契約に対応するが、これらの6店舗では無料サポータープログラムを契約する顧客で非常に混雑しているという。

そのため、仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供するドコモ回線のスーパーホーダイやドコモ回線およびau回線の組み合わせプランを契約する場合、近隣の店舗を検討するよう求めている。

また、2020年1月23日の13次からは無料サポータープログラムの利用者を対象にRakuten Mini (C330)の販売も開始した。

Rakuten Mini (C330)はeSIMを採用するため、無料サポータープログラムの対応を受け付ける6店舗の楽天モバイルショップのみで購入できる状況で、これも混雑する要因のひとつと思われる。

楽天回線は商用化が遅れているが、2020年4月に商用化する計画という。

Rakuten Mobile
楽天市場

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK