スポンサーリンク

豪州のTelstra、26GHz帯の5Gに対応したTelstra 5G Wi-Fi Proを準備中


豪州最大手の移動体通信事業者(MNO)であるTelstraは第5世代移動通信システム(5G)でミリ波(mmWave)の26GHz帯を早期に導入する意向を発表した。

Telstraは豪州ではもちろんのこと、大洋州で初めて5Gサービスを商用化した移動体通信事業者で、2019年5月28日より5GのNR方式に準拠した5Gサービスを提供している。

5Gサービスの開始当初より周波数はサブ6GHz帯のFR1の3.5GHz帯のみを使用しているが、ミリ波のFR2の26GHz帯も早期に導入する計画という。

5Gネットワークを整備するにあたり、3.5GHz帯では面的にカバーできるが、26GHz帯より帯域幅が狭い。

一方、26GHz帯では面的にカバーすることは難しいが、広い帯域幅を確保しているため、主要都市の中心部、駅、競技場など多くの人々が集まる場所で26GHz帯を使用してスポット的に大容量の5Gネットワークを整備できる。

Telstraはすでに26GHz帯の5Gを社内で試験しており、スウェーデンのEricssonや米国のQualcommとも協力しているという。

また、Telstraは26GHz帯を最大限に活用できるよう26GHz帯の5Gに対応したモバイル無線LANルータとしてTelstra 5G Wi-Fi Proも準備していることも明らかにした。

Telstra 5G Wi-Fi Proは豪州で最初のミリ波の5Gに対応した携帯端末となる予定で、またTelstraのブランドを冠した最初の5Gに対応した携帯端末となる。

具体的な発売時期は明らかにされていないが、26GHz帯の5Gを導入する時期に合わせて発売する予定である。

26GHz帯の5Gを展開する場所の詳細やTelstra 5G Wi-Fi Proの詳細に関しては、改めて告知する予定という。

Telstra

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK