スポンサーリンク

ソフトバンクとワイモバイル、DIGNO ケータイ3 (902KC/903KC)の販売を開始


SoftBankとWILLCOM OKINAWA (ウィルコム沖縄)はKYOCERA (京セラ)製のフィーチャーフォン「DIGNO ケータイ3 (902KC)」および「DIGNO ケータイ3 903KC」を発売した。

いずれも2020年3月6日より日本全国のSoftBankブランドの取扱店またはY!mobileブランドの取扱店で販売を開始している。

SoftBankが展開するSoftBankブランドのラインナップではDIGNO ケータイ3 (902KC)、SoftBankおよびWILLCOM OKINAWAが展開するY!mobileブランドのラインナップではDIGNO ケータイ3 903KCを取り扱う。

カラーバリエーションはDIGNO ケータイ3 (902KC)がシルバー、ピンク、ブラックの3色展開、DIGNO ケータイ3 903KCがシルバーとピンクの2色展開である。

DIGNO ケータイ3 (902KC)およびDIGNO ケータイ3 903KCは折り畳み式のフィーチャーフォンで、基本的に共通のスペックとなる。

ディスプレイはメインが約3.4インチFWVGA(480*854)液晶で、サブが約0.9インチ有機ELとなり、カメラはリアに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はLTE (FDD) 2100(B1)/1900(B2)/ 1800(B3)/1700(B4)/900(B8) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1700(IV)/900(VIII) MHz, GSM 1900/1800/900 MHzに対応する。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)に対応するため、高音質な音声通話を利用できる。

Bluetooth 4.2、無線LAN IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)およびテザリング機能、FMラジオに対応するほか、日本独自機能としてISDB-T方式のワンセグの視聴および赤外線通信の利用も可能である。

IPX5/IPX8に準拠した防水性能およびIP5Xに準拠した防塵性能に加え、米国の政府機関である国防総省(Department of Defense:DoD)が制定したMIL-STD-810Gの10項目に準拠した高耐久性能を備えることも大きな特徴となる。

電池パックの容量は1700mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用しているため、簡単に充電することができる。


SoftBank
Y!mobileオンラインストア

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK