スポンサーリンク

OPPO初のスマートウォッチOPPO Watchを発表


中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)はLTE/W-CDMA端末「OPPO Watch」を発表した。

Guangdong OPPO Mobile Telecommunicationsとしては初のスマートウォッチである。

OSにはColorOS Watchを採用している。

チップセットはQualcomm Snapdragon Wear 2500 Platformで、CPUはクアッドコアとなっている。

Bluetooth 4.2、無線LAN IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)、NFCも利用できる。

システムメモリの容量は1GBで、内蔵ストレージの容量は8GBである。

OPPO Watchには3種類のバリエーションが用意されており、スペックがそれぞれ異なる。

41mmモデルは約1.6インチで解像度が320*360のAMOLEDを搭載する。

電池パックの容量は300mAhで、急速充電のWatch VOOCに対応している。

ケースはアルミニウム合金で、カラーバリエーションは雅黒、粉金、霧銀の3色展開である。

46mmモデルは約1.91インチで解像度が402*476のフレキシブルAMOLEDを搭載する。

電池パックの容量は430mAhで、急速充電のWatch VOOCに対応している。

ケースはアルミニウム合金で、カラーバリエーションは曜黒と琉金の2色から選べる。

精鋼版は約1.91インチで解像度が402*476のフレキシブルAMOLEDを搭載する。

電池パックの容量は430mAhで、急速充電のWatch VOOCに対応している。

ケースはステンレス鋼316Lで、カラーバリエーションは皓銀のみとなる。

41mmモデルや46mmモデルとは異なり、モバイルネットワークにも対応する。

通信方式はLTE (FDD) 2100(B1)/1800(B3)/ 900(B8)/850(B5) MHz, LTE (TDD) 2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/850(V) MHzを利用できる。

SIMカードは内蔵式のeSIMである。

中国の移動体通信事業者(MNO)でChina Mobile (中国移動)として事業を行うChina Mobile Communications Group (中国移動通信集団)、China Unicom (中国聯通)として事業を行うChina United Network Communications (中国聯合網絡通信)、China Telecom (中国電信)のネットワークで利用できると案内している。

中国で販売することが決まっている。


OPPO

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK