スポンサーリンク

米国向け公式ウェブサイトにSony Xperia PROのスペックを掲載、米国版の対応周波数が判明


Sonyは同社の完全子会社であるSony Mobile Communicationsが開発したスマートフォン「Sony Xperia PRO」の詳細なスペックを公開していることが分かった。

Sonyの米国向け公式ウェブサイトにSony Xperia PROの製品情報を掲載しており、それに伴い米国版のSony Xperia PROのスペックが判明したため、気づくのが遅れたが掲載する。

OSにはAndroid 10を採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platformで、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイはCinemaWideディスプレイと呼ばれるHDR対応の約6.5インチ4K(1644*3840)有機ELである。

カメラはリアに3個の約1200万画素CMOSイメージセンサからなるトリプルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はNR (FDD) 1900(n2)/1700(n66)/850(n5) MHz, NR (TDD) 39000(n260)/28000(n261) MHz, LTE (FDD) 2600(B7)/2100(B1)/1900(B2/B25)/ 1800(B3)/1700(B4/B66)/ 1500(B11/B21/B32)/900(B8)/850(B5)/ 800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B12/B13/B17/B28/B29) MHz, LTE (TDD) U-NII(B46)/3600(B48)/ 3500(B42)/2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/2000(B34)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1700(IV)/ 900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応している。

第5世代移動通信システム(5G)のNR方式はサブ6GHz帯のFR1およびミリ波(mmWave)のFR2のNR Bandに対応するが、基本的に米国で採用するNR Bandとなる。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

SIMカードはデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズである。

Bluetooth 5.1、無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)、NFCにも対応する。

システムメモリの容量は8GBで、内蔵ストレージの容量は512GBとなる。

外部メモリの利用を可能としており、microSDカードスロットを備える。

IPX5/IPX8に準拠した防水性能およびIP6Xに準拠した防塵性能を有する。

電池パックは内蔵式で、容量は4000mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cとなる。

具体的な発売時期などは公表していないが、米国で5Gを利用できるよう設計しているため、少なくとも米国では発売すると考えられる。


Sony

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK