スポンサーリンク

中国移動と中国電信の5G加入件数が判明、中国聯通は開示せず


中国の移動体通信事業者(MNO)でChina Mobile (中国移動)として事業を行うChina Mobile Communications Group (中国移動通信集団)およびChina Telecom (中国電信)は第5世代移動通信システム(5G)の加入件数を発表した。

China Mobile Communications GroupおよびChina Telecomは2020年第1四半期の業績発表に伴い2020年第1四半期末時点の事業データを公表し、移動体通信サービスおよび5Gパッケージの加入件数が判明している。

China Mobile Communications Groupは移動体通信サービスの加入件数が9億4,629万5,000件で、5Gパッケージの加入件数が3,172万3,000件となった。

5Gパッケージの加入率は3.4%と分かる。

China Telecomは移動体通信サービスの加入件数が3億3,655万件で、5G加入の加入件数が1,661万件である。

5Gパッケージの加入件数は4.9%となり、加入件数はChina Mobile Communications Groupより少ないが、5Gパッケージの加入率はChina Mobile Communications Groupを上回っている。

中国の移動体通信事業者でChina Unicom (中国聯通)として事業を行うChina United Network Communications (中国聯合網絡通信)は移動体通信サービスの加入件数こそ3億1,100万9,000件と公表したが、5Gパッケージの加入件数は開示していない。

なお、5Gパッケージは5Gサービスを利用できる料金プランを指しているため、5Gサービスの加入件数を意味する。

中国ではChina Mobile Communications Group、China Telecom、China United Network Communicationsが2019年10月31日より一斉に5GのNR方式に準拠した5Gサービスを商用化した。

NR方式は第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式と連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)構成で運用しており、周波数はすべてサブ6GHz帯で、China Mobile Communications Groupが2.5GHz帯および4.5GHz帯、China TelecomおよびChina United Network Communicationsが3.5GHz帯を使用している。

NR Bandは2.5GHz帯がn41、4.5GHz帯がn79、3.5GHz帯がn78となる。

China TelecomとChina United Network Communicationsは分担して5Gの通信網を整備しており、周波数の共有も図る計画である。

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK