スポンサーリンク

台湾大哥大、早ければ6月17日に5G免許を取得へ


台湾の移動体通信事業者(MNO)であるTaiwan Mobile (台湾大哥大)は早ければ2020年6月17日にも第5世代移動通信システム(5G)の免許を取得する見込みであることが分かった。

台湾の政府機関で電気通信分野などの規制を司る国家通訊伝播委員会(National Communications Commission:NCC)は2020年6月17日に開催する予定の第914次委員会議の議題を公表し、Taiwan Mobileから申請が行われた3.5GHz帯および28GHz帯を使用した5Gのモバイルブロードバンドサービスの免許に関する議論が含まれている。

第914次委員会議でTaiwan Mobileの申請が法的義務を満たすと判断すれば、国家通訊伝播委員会はTaiwan Mobileに対して3.5GHz帯および28GHz帯を使用した5Gのモバイルブロードバンドサービスの免許を交付する。

3.5GHz帯および28GHz帯を使用した5Gのモバイルブロードバンドサービスの免許は事実上の5Gの免許となるため、Taiwan Mobileは早ければ2020年6月17日にも5Gの免許を取得できる見込み。

台湾には5社の移動体通信事業者が存在するが、これまでにChunghwa Telecom (中華電信)およびFar EasTone Telecommunications (遠傳電信)が5Gの免許を取得している。

そのため、Taiwan Mobileも5Gの免許を取得すれば、台湾の大手3社はすべて5Gの免許を保有することになる。

Taiwan Mobileは5G向け周波数としてサブ6GHz帯では3.5GHz帯の60MHz幅、ミリ波(mmWave)では28GHz帯の200MHz幅を確保した。

まずは3.5GHz帯を使用して2020年第3四半期に5Gサービスを商用化する計画を示している。

なお、第914次委員会議は2020年6月17日の9時(国家標準時間)より国家通訊伝播委員会の本部で開催する予定である。

国家通訊伝播委員会

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK