スポンサーリンク

日本版のiPhone 12 Proも5G NRのSA構成に対応、中国で利用可能



米国のAppleが発売したスマートフォン「iPhone 12 Pro」の日本版も第5世代移動通信システム(5G)の要求条件を満たすために規定されたNR方式のスタンドアローン(SA)構成に対応することが分かった。

NR方式には単独で動作するスタンドアローン構成と第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式と連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)構成が規定されている。

AppleはiPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 miniに関して中国ではスタンドアローン構成に対応することを公式ウェブサイトのサポートページを通じて案内しており、少なくとも中国版はスタンドアローン構成にも対応する。

中国の移動体通信事業者(MNO)のSIMカードを利用する場合にスタンドアローン構成を有効化できる。

中国の遼寧省丹東市で加入した中国の移動体通信事業者のSIMカードを所有しているため、日本版のiPhone 12 Proで確認してみたところ、5Gスタンドアローンの項目が表示された。

設定のアプリケーションを起動し、モバイル通信、モバイル通信プランで任意の中国の移動体通信事業者の回線、音声通話とデータを順に選択すると、5Gスタンドアローンの項目でオンまたはオフの切り替えが可能である。

デフォルトの設定では通信モードは5Gオート、5Gスタンドアローンはオフとなっている。

iPhone 12 Proは対応周波数やSIMカードの構成など地域ごとに仕様の一部を変更しているが、スタンドアローン構成は日本版でも中国版と同様に中国では利用できると考えられる。

これはiPhone 12 Proに限定したことではなく、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 miniも同様と推測できる。

China Mobile (中国移動)として展開するChina Mobile Communications Group (中国移動通信集団)、China Telecom (中国電信)、China Unicom (中国聯通)として展開するChina United Network Communications (中国聯合網絡通信)、いずれのSIMカードでも5Gスタンドアローンの項目が表示された。

そのため、中国の既存のすべての移動体通信事業者でスタンドアローン構成を利用できると思われる。

ハードウェアはスタンドアローン構成に対応しているため、将来的にスタンドアローン構成が普及すれば、ソフトウェアのアップデートを通じて中国以外でもスタンドアローン構成を利用できるようになることに期待したい。



5Gスタンドアローンの項目が表示されたiPhone 12 Pro

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK