スポンサーリンク

ソフトバンク向け5GスマホA003ZTが技適通過、n3/n28にも対応



総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)は技術基準適合証明や工事設計認証などを通過した機器の情報を更新した。

SoftBank向けの中国のZTE (中興通訊)製のNR/LTE/W-CDMA端末「A003ZT」が2020年10月30日付け、2020年11月5日付け、2020年12月28日付けでTACOYAKIを通じて電波法に基づく工事設計認証を取得したことが分かった。

工事設計認証番号は2020年10月30日付けの認証が020-200177、2020年11月5日付けおよび2020年12月28日付けの認証が020-200178。

モバイルネットワークはNR (FR1, FDD) 1800(n3)/700(n28) MHz, NR (FR1, TDD) 3700(n77) MHz, LTE (FDD) 2100(B1)/1800(B3)/ 900(B8)/700(B28) MHz, LTE (TDD) 3500(B42)/2500(B41) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII) MHzで認証を受けている。

Bluetoothおよび無線LANの周波数でも通過しており、無線LANの周波数は2.4GHz帯および5GHz帯に対応する。

A003ZTは未発表端末の型番である。

型番規則からSoftBank向けと判断できる。

工事設計認証は3度にわたり通過しており、1度目の認証では第5世代移動通信システム(5G)のNR方式で認証を受けていないが、2度目の認証ではn77を追加して認証を通過し、さらに3度目の認証ではn3およびn28の認証も取得した。

ZTEが公式ウェブサイトで公開しているOpen Source NoticeのページにはスマートフォンのカテゴリでA003ZTの型番が登場しており、OSにAndroid 11を採用することが判明している。

先にPocket WiFi 5G A004ZTが発表されており、A004ZTが存在する時点でA003ZTの存在も事実上確定していたが、A003ZTは5Gに対応したスマートフォンとして準備していることが分かる。

SoftBankが展開する各ブランドのいずれかで発売すると思われる。

これまでに、SoftBankはZTE製の5Gに対応したスマートフォンを発売した実績があり、SoftBank 5Gとして5Gを商用化した2020年3月27日にSoftBankブランドのラインナップでZTE Axon 10 Pro 5G (902ZT)を発売した。

A003ZTはブランドに関係なくSoftBankが採用する2機種目のZTE製の5Gに対応したスマートフォンとなる見込み。

なお、認証業務を実施したTACOYAKIは工事設計認証などを行う者として総務大臣の登録を受けた大阪府大阪市に所在する登録証明機関である。

総務省

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK