スポンサーリンク

サムスン電子製au 5G対応スマホ4機種に5Gバンド追加のアップデートを開始



KDDIは韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のスマートフォン「Galaxy S20 5G SCG01」、「Galaxy S20+ 5G SCG02」、「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」、「Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06」に対して第5世代移動通信システム(5G)の提供エリアを拡大するソフトウェアのアップデートの提供を開始したことを案内した。

いずれもauのラインナップで発売したスマートフォンで、Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06に対しては2021年3月31日よりソフトウェアのアップデートの提供を開始しており、700MHz帯および4.0GHz帯を使用した5Gに対応する。

また、Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06以外の3機種に対しては2021年4月1日よりソフトウェアのアップデートの提供を開始し、4.0GHz帯を使用した5Gに対応すると説明している。

いずれもソフトウェアのアップデートにはセキュリティ機能の改善も含まれている。

端末単体またはパソコン経由でソフトウェアのアップデートを適用できる。

目安の所要時間は端末単体が約10分、パソコン経由が約45分と案内しているが、通信速度など利用環境などによって実際の所要時間は変動することを留意しておきたい。

アップデートファイルの容量はGalaxy Note20 Ultra 5G SCG06以外の3機種が端末単体で約280MB、パソコン経由で約5.6GB、Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06が端末単体で約340MB、パソコン経由で約5.7GBとなっている。

大切なデータは必ず事前にバックアップを行い、十分に充電したうえで電波が強く安定した状態で移動せずにソフトウェアのアップデートを実施するよう求めている。

KDDIおよび同社の連結子会社であるOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)は2021年1月19日付けで機種ごとの5Gの周波数の対応予定を発表しており、Galaxy S20 5G SCG01、Galaxy S20+ 5G SCG02、Galaxy S20 Ultra 5G SCG03は4.0GHz帯、Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06は700MHz帯、3.5GHz帯、4.0GHz帯に対応する計画が公表されていた。

Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06以外の3機種は2020年12月26日に提供を開始したソフトウェアのアップデートで3.5GHz帯を使用した5Gに対応しており、Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06は2021年2月25日に提供を開始したソフトウェアのアップデートで3.5GHz帯を使用した5Gに対応していた。

そのため、4機種とも未対応の周波数に対応を完了した。

なお、Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06以外の3機種は700MHz帯を使用した5Gに対応する予定はない。

5Gの無線方式はNR方式を採用しており、NR Bandは700MHz帯がFR1のn28、3.5GHz帯がFR1のn78、4.0GHz帯がFR1のn77であるため、ソフトウェアのアップデートによってNR Bandを追加したことになる。

その他のソフトウェアのアップデートに関する詳細や5Gの提供エリアなどはauの公式ウェブサイトで確認できる。

au

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK