スポンサーリンク

ソフトバンクが5G国際ローミングを開始、まずは韓国のSKテレコム



SoftBank Corp.は国際ローミングで第5世代移動通信システム(5G)の提供を開始した。

2021年4月27日よりSoftBank Corp.の加入者は国際ローミングで5Gを利用できる。

SoftBank Corp.が提供するSoftBankに加えてY!mobileおよびLINEMOも対象となる。

まずは韓国が対象の国となり、対象の移動体通信事業者(MNO)はSK Telecomである。

料金は国際ローミングで第4世代移動通信システム(4G)を利用する場合と共通で、韓国は海外パケット定額サービスの海外パケットし放題の対象国となっている。

対応機種は米国のApple製のiPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 miniの4機種となる。

いずれもOSはiOS 14.5以降のバージョンにアップデートする必要があることを留意しておきたい。

国際ローミングで5Gを利用する場合に申し込みは不要で、設定からデータローミングおよび5Gを有効化すると国際ローミングで5Gを利用できる。

SK Telecomは加入件数を基準に韓国で最大の移動体通信事業者(MNO)で、アジアおよび韓国で最初に5Gを商用化した。

5Gの無線方式としてNR方式を導入しており、NR BandはFR1のn78である。

4GのLTE方式と連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)構成のOption 3で運用している。

E-UTRA-NRデュアルコネクティビティ(EN-DC)を適用時の通信速度の理論値は下り最大2.7Gbpsに達するが、実際の通信速度は通信環境によって変動することを留意しておきたい。

また、Appleは2021年4月27日の2時(日本標準時)よりiOS 14.5の提供を開始しており、iOS 14.5の新機能のひとつとして国際ローミングにおける5Gの対応が含まれていた。

そのため、iOS 14.5以降のバージョンのiOSを導入したiPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 miniを対応機種として国際ローミングで5Gを提供することができる。

これまでに、日本の移動体通信事業者は日本の加入者向けに国際ローミングで5Gを提供していないため、日本ではSoftBank Corp.が初めて日本の加入者に国際ローミングで5Gを提供する移動体通信事業者となった。

SoftBank Corp.は国際ローミングで5Gを利用できる国および地域を順次拡大する予定と案内している。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2023年1月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK