スポンサーリンク

FCNTが、スマホ型のローカル5G対応スマートデバイス2号機を発表



FCNTはNR/LTE端末「ローカル5G対応スマートデバイス2号機 (SMDE01001)」を発表した。

ローカル5Gに対応したスマートフォン型の端末である。

OSにはAndroid 11を採用している。

チップセットは64bitに対応したQualcomm Snapdragon 765G 5G Mobile Platformで、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイは約6.3インチFHD+(1080*2280)フレキシブル有機ELを搭載する。

カメラはリアにメインの約4800万画素CMOSイメージセンサ、広角カメラの約800万画素CMOSイメージセンサ、深度測定用の約500万画素CMOSイメージセンサで構成されるトリプルカメラ、フロントに約1600万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はNR (FR1, TDD) 4700(n79)/3500(n78) MHz, LTE (FDD) 2100(B1)/1800(B3)/ 1500(B21)/800(B19) MHz, LTE (TDD) 3500(B42)/ 1900(B39/sXGP) MHzに対応している。

第5世代移動通信システム(5G)のNR方式はサブ6GHz帯のFR1で定義された周波数に対応しており、ローカル5Gはn79の4600~4900MHzで動作する。

無線アクセスネットワーク(RAN)構成はスタンドアローン(SA)構成およびノンスタンドアローン(NSA)構成に対応したデュアルモード5Gで、下りは4×4 MIMOに対応するほか、ソフトウェアのアップデートを通じて上りの2×2 MIMOにも対応する予定である。

第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式は下りの5コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(5CC CA)および4×4 MIMOに対応している。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 5.1、無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、NFCおよびFeliCaも利用できる。

システムメモリの容量は8GBで、内蔵ストレージの容量は128GBである。

外部メモリの利用にも対応している。

IPX5/IPX8に準拠した防水性能やIP6Xに準拠した防塵性能を備える。

電池パックは内蔵式で、容量は3600mAhとなっている。

2021年10月下旬より順次提供する予定である。


FCNT

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年12月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK