スポンサーリンク

auがG’zOne TYPE-XX (KYY31)を12月10日に発売



KDDIおよび同社の連結子会社であるOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)はKYOCERA (京セラ)製のフィーチャーフォン「G’zOne TYPE-XX (KYY31)」を2021年12月10日に発売すると発表した。

2021年12月10日よりauの取扱店を通じて販売を開始する。

au Style SHINJUKUでは販売価格が52,800円(税込)に設定されている。

販売価格は店舗によって異なる場合があることに留意しておきたい。

G’zOne TYPE-XX (KYY31)はG’zOne20周年記念モデルとして製品化したフィーチャーフォンである。

CASIO COMPUTER (カシオ計算機)の歴代のG’zOneチームが商品デザインを担当した。

なお、G’zOneはCASIO COMPUTERの商標で、本体の製造はKYOCERAが行う。

チップセットはQualcomm 215 Mobile Platform (QM215)を搭載している。

CPUはクアッドコアで、動作周波数は最大1.2GHzとなっている。

ディスプレイは約3.4インチFWVGA(480*854)液晶で、カメラはリアに約1300万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はLTE (FDD) B1/B3/B17/B18, W-CDMA I/V, GSM 850/900/1800/1900に対応する。

LTE UE Category 4に対応しており、通信速度は下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズを採用している。

Bluetooth 4.2および無線LAN IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)も利用できる。

システムメモリの容量は2GBで、内蔵ストレージの容量は16GBである。

IPX5/IPX8に準拠した防水性能やIP5Xに準拠した防塵性能に加えて、米国(アメリカ)の政府機関である国防総省(Department of Defense)が制定した調達基準であるMIL-STD-810Hの19項目に準拠した高耐久性能を有するほか、KYOCERAが独自で実施した耐衝撃性能試験も満たす。

電池パックは取り外しが可能で、容量は1500mAhとなっている。

au

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年1月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK