スポンサーリンク

日本版Galaxy A23 5GがFCC通過、NTTドコモ・KDDIグループ・楽天モバイルが発売へ



韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のNR/LTE/W-CDMA/GSM端末「SC-56C」が2022年7月26日付けで米国(アメリカ)の連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)の認証を通過した。

FCC IDはA3LSMA233JPNである。

モバイルネットワークはLTE (FDD) B5/B12/B26, LTE (TDD) B41, W-CDMA V, GSM 850/1900で認証を受けている。

Bluetooth、無線LAN、NFC、FMラジオの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11a/b/g/n/acに対応しており、周波数は2.4GHz帯と5GHz帯を利用できる。

SC-56Cは未発表端末の型番である。

型番規則からNTT DOCOMO向けの第5世代移動通信システム(5G)に対応した端末と分かる。

ソフトウェアバージョンはA233Dから始まるため、ソフトウェアバージョンがA223Dから始まるGalaxy A22 5G SC-56Bの後継で、NTT DOCOMOよりGalaxy A23 5G SC-56Cとして発表されると思われる。

国際版のGalaxy A23 5GはソフトウェアバージョンがA236から始まるため、Galaxy A23 5Gの日本版と国際版はGalaxy A22 5Gの日本版と国際版の事例と同様に仕様が大きく異るスマートフォンになると推測できる。

FCCではSC-56Cと電気的に同一の端末の扱いでSCG18およびSM-A233Cも追加の型番として認証を受けている。

型番規則からSCG18はKDDIおよび同社の連結子会社であるOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)向けと分かる。

また、SM-A233CはSamsung Electronicsの型番規則を適用しているが、型番の末尾がCの場合はRakuten Mobile (楽天モバイル)向けの場合が多いため、Rakuten Mobile向けに準備していると考えられる。

日本版のGalaxy A23 5GはNTT DOCOMO、KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone、そしてRakuten Mobileが取り扱うことになる。

KDDIおよびOkinawa Cellular TelephoneはauとUQ mobileのラインナップでスマートフォンを展開しているが、Galaxy Aシリーズのスマートフォンはauに加えてUQ mobileのラインナップでも取り扱うことが多いため、auとUQ mobileの両方のラインナップでGalaxy A23 5G SCG18として取り扱うと推測できる。

FCCの認証を通過した時期から2022年秋以降に発売すると思われる。

FCC

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK