スポンサーリンク

JR西日本と関西の私鉄が7月1日より携帯電話の使用マナーを変更



JR西日本や近畿日本鉄道など関西の鉄道会社25社は2014年7月1日より優先座席付近における携帯電話の使用マナーを順次変更することが分かった。

これまでは優先座席付近では携帯電話の電源を終日OFFにするよう案内していたが、2014年7月1日以降は混雑時のみ電源をOFFにするように変更する。

総務省が発表した各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針において、携帯電話の電波が心臓ペースメーカーを誤作動させる可能性が低くなったことが背景である。

使用マナーを変更するのはJR西日本や近畿日本鉄道のほか、関西鉄道協会に加盟する阪神電気鉄道、阪急電鉄、京阪電気鉄道、南海電気鉄道、近江鉄道、信楽高原鐵道、京福電気鉄道、叡山電鉄、北近畿タンゴ鉄道、泉北高速鉄道(大阪府都市開発)、北大阪急行電鉄、大阪高速鉄道、阪堺電気軌道、水間鉄道、能勢電鉄、北神急行電鉄、神戸電鉄、山陽電気鉄道、神戸新交通、和歌山電鐵、大阪市交通局、神戸市交通局、京都市交通局で計25社となる。

また、使用マナーの変更に伴い、車内でのアナウンスも変更し、ポスターや優先座席付近のステッカーを掲出して周知活動をする。

JR西日本では既に使用マナーの変更を告知する車内アナウンスを流していることを確認している。

JR西日本

スポンサーリンク

“JR西日本と関西の私鉄が7月1日より携帯電話の使用マナーを変更” への2件のフィードバック

  1. えるじー より:

    優先席における携帯電話の使用ですが、7/1からとありますが阪急電鉄に関しては7/15からではないでしょうか?
    訂正したほうがよいと思います。

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK