スポンサーリンク

AXGPのキャリアアグリゲーションに対応したSoftBank 303ZT/304ZTの同等端末として305ZTも準備中



SoftBankグループはZTE製のモバイル無線LANルータ「305ZT」を準備していることが分かった。

306ZTが認証に登場していることから、305ZTも存在することは確かと思われてきたが、FCCの認証でその存在が明らかになっている。[関連記事]

発表済みの303ZTや304ZTと同一端末として認証を通過しており、ハードウェア的には同一であることが分かる。

303ZTはPocket WiFi SoftBank 303ZTとして発表されており、304ZTはそれの法人版としてPocket WiFi SoftBank 304ZTとして発表されている。

現時点で305ZTは未発表の端末であるが、303ZTや304ZTと同じくモバイル無線LANルータとなることが判明している。

FCCではモバイルネットワークはW-CDMA 850(V) MHzのみで通過しており、SoftBank向けであればY!mobile向けに投入される可能性が考えられる。

なお、306ZTは米国の移動体通信事業者であるSprint向けになると見られる。305zt

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK