スポンサーリンク

台湾で1.9GHz帯/2.3GHz帯/2.6GHz帯/3.6GHz帯をTD-LTE用に割り当てる計画


台湾の政府機関であり台湾における通信やそれに付随する業務を手掛ける国家通信委員会(NCC)は今後の周波数割り当てに関する計画を公表した。

次世代通信用に1.9GHz帯、2.3GHz帯、2.6GHz帯、3.6GHz帯を解放する予定としている。

2.6GHz帯はFDD方式とTDD方式の両方で使用する方針で、50MHz幅をTDD用に、140MHz幅(70MHz幅*2)をFDD用とする。

1.9GHz帯、2.3GHz帯、3.6GHz帯についてはTDD用に割り当てる方針という。

FDD方式、TDD方式としているが、それぞれFDD-LTE方式、TD-LTE方式で使用し、LTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーションを適用して高速化するものと思われる。

台湾ではWiMAX事業者も存在しており、WiMAX方式のリプレイスとしてTD-LTE方式を導入する可能性も高い。

NCC

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK