スポンサーリンク

中南米向けSamsung GALAXY A5 (SM-A500M)がFCC通過



Samsung Electronics製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「SM-A500M」が2014年10月2日付けでFCCを通過した。

FCC IDはA3LSMA500M。

モバイルネットワークはFDD-LTE 1900(B2)/1700(B4)/850(B5)/700(B17) MHz, W-CDMA 1900(II)/850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LAN通信の規格はIEEE 802.11 a/b/g/nに対応する。

2.4GHz帯に加えて5.xGHz帯の無線LAN通信も可能となっている。

RFIDの周波数でも通過しており、NFCに対応することが分かる。

SM-A500Mは未発表端末の型番(モデル番号)である。

OSにAndroid 4.4.4 KitKat Versionを採用したスマートフォンである。

CPUはクアッドコアで動作周波数が1.2GHzとなっている。

ディスプレイは約5.0インチHD(720*1280)有機ELを搭載する。

カメラはリアに約1300万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約500万画素CMOSイメージセンサを備える。

システムメモリの容量は2GBで、内蔵ストレージの容量は16GBである。

メキシコやブラジルなど中南米市場向けに投入される予定で、Samsung GALAXY A5として発表される見通し。

FCCではラベルや端末背面図が公開されている。

a500m
FCC – Samsung SM-A500M

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK