スポンサーリンク

UQがWiMAX 2+におけるキャリアアグリゲーションを導入すると発表、下り最大220Mbpsに高速化


UQ CommunicationsはWiMAX 2+サービスにおいてキャリアアグリゲーションを2015年春に導入すると発表した。

通信速度を現在の下り最大110Mbpsから下り最大220Mbpsに高速化する。

WiMAX 2+方式はTD-LTE方式と互換性があるように設計されており、UQ CommunicationsのWiMAX 2+は実質的にTD-LTE 2500(B41) MHzであり、キャリアアグリゲーションはCA_41となる。

帯域幅はWiMAXサービスで使用している30MHz幅のうち20MHz幅をWiMAX 2+サービスに転用し、現在のWiMAX 2+サービスで提供している20MHz幅と束ねる。

これに伴い、WiMAXサービスの通信速度は下り最大40Mbpsのエリアが下り最大13.3Mbpsと切り替わるが、WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦プログラムを実施してWiMAX 2+サービスへの移行を促進する。

UQ Communications

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK