スポンサーリンク

KDDI向けデータ通信端末HWD31がJATE通過、220MbpsのWiMAX 2+キャリアアグリゲーション対応か


JATEを2014年12月1日から2014年12月15日に通過した端末が公示された。

KDDI向けのHuawei Technologies(華為技術)製LTE端末「HWD31」が2014年12月5日付けでJATEを通過したことが分かった。

認定番号はD14-0339001。

HWD31は未発表端末の型番である。

型番規則よりKDDI向けのデータ通信専用端末と考えられる。

ただ、これまでのKDDI向けのデータ通信専用端末は型番がHWD1*となっており、HWD3*となるHWD31は何らかの新機能が導入されると思われる。

UQ Communicationsが提供するWiMAX 2+方式ではキャリアアグリゲーションを導入して通信速度を下り最大220Mbpsに高速化することが明らかにされている。

WiMAX 2+方式のキャリアアグリゲーションは2015年春に開始する予定となっており、同時にWiMAX 2+方式のキャリアアグリゲーションに対応した端末も投入される見通しである。

HWD3*に該当する型番としてはHDW32も確認されており、HWD31とHWD32がWiMAX 2+方式のキャリアアグリゲーションに対応した最初の端末となる可能性がある。

hwd31
JATE

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK