スポンサーリンク

日本向けHUAWEI Ascend Mate7はLTE Band 28にも対応


総務省の技術基準適合証明又は工事設計認証を2014年8月後半から2014年11月に通過した端末が公示された。

Huawei Technologies(華為技術)製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「Ascend Mate7」が2014年10月6日付けでイー・オータマを通過した。

工事設計認証番号は018-140092。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/900(B8)/800(B19)/700(B28) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/800(VI/XIX) MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LAN通信は2.4GHz帯および5.xGHz帯に対応しており、規格はIEEE 802.11 a/b/g/nに対応する。

Ascend Mate7は発表済みのスマートフォンで、すでに日本市場においても販売を開始している。

Huawei Technologiesの日本向け公式ウェブサイトには記載されていないが、認証情報よりハードウェア的にはFDD-LTE 700(B28) MHzにも対応することが確認できる。

総務省 電波利用ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK