スポンサーリンク

Aliyun OSを搭載したLTEスマートフォンPHICOMM C520Lwを開発中


Shanghai Feixun Communication(上海斐訊数据通信技術)製のTD-LTE/FDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「PHICOMM C520Lw」が2015年3月13日付けで中国工業情報化部の認証を通過した。

中国工業情報化部の認証では、PHICOMM C520Lwのスペックと画像が公開されている。

OSにはAlibaba Group Holding(阿里巴巴集団控股)がAndroidをベースに開発したAliyun OS 2.9.2を採用している。

CPUはクアッドコアで動作周波数が最大で1.2GHzとなっている。

ディスプレイは約4.5インチqHD(540*960)液晶を搭載している。

カメラはリアに約200万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約30万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はTD-LTE 2500(B41) MHz, FDD-LTE 1800(B3) MHz, W-CDMA 2100(I) MHz, GSM 1800/900 MHzで通過している。

システムメモリの容量は512MBで、内蔵ストレージの容量は4GBである。

筺体サイズ(長さ×幅×厚さ)は約133.0×65.2×9.6mm、質量は約140.0gである。

スペックが抑えられたスマートフォンで、低価格帯のスマートフォンとして登場する見通しである。

中国の移動体通信事業者であるChina Unicom(中国聯通)のネットワークに最適化されている。

c520lw
中国工業情報化部

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK