スポンサーリンク

au 4G LTEやWiMAX 2+のダブルCAに対応したau Galaxy S6 edge SCV31を発表


KDDIは韓国のSamsung Electronics製FDD-LTE/WiMAX 2+(TD-LTE)/W-CDMA/GSM端末「au Galaxy S6 edge SCV31 (SM-G925J)」を発表した。

グローバル向けに発表されたSamsung Galaxy S6 edgeのKDDI版となるスマートフォンである。

OSにはAndroid 5.0.x Lollipop Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のSamsung Exynos 7 Octa (Exynos 7420)である。

CPUはクアッドコアの2.1GHzとクアッドコアの1.5GHzで計オクタコアとなる。

ディスプレイは約5.1インチWQHD(1440*2560)Super AMOLEDを搭載し、画素密度は577ppiに達する。

両サイドに向けてディスプレイがカーブした形状となっている。

カメラはリアに光学手ブレ補正対応の約1600万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約500万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE/WiMAX 2+(TD-LTE)/W-CDMA/GSM方式に対応している。

LTE UE Category 6やLTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーションに対応しており、KDDIが提供するau 4G LTEのキャリアアグリゲーションやKDDIグループのUQ Communicationsが提供するWiMAX 2+のキャリアアグリゲーションを利用できる。

通信速度はau 4G LTEのキャリアアグリゲーションが下り最大225Mbpsとなり、WiMAX 2+のキャリアアグリゲーションが下り最大220Mbpsとなる。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTEにも対応し、高音質な音声通話や高速な発着信が期待できる。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズを採用している。

Bluetooth 4.1や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bおよびおサイフケータイにも対応する。

日本独自機能としてはISDB-T方式のフルセグやワンセグを視聴できる。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBと64GBを用意している。

電池パックは容量が2600mAhとなっており、QiやPMAに準拠した無線充電が可能である。

カラーバリエーションはBlack Sappire, White Pearl, Gold Platinumの3色展開となる。

2015年4月23日より販売を開始する。

scv31_au
KDDI

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK