スポンサーリンク

スタイラスペンのM-Penを用意したHUAWEI MediaPad M2 10.0を発表、日本が一次発売国に


中国のHuawei Technologies(華為技術)はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM端末「HUAWEI MediaPad M2 10.0」を発表した。

OSにAndroid 5.1 Lollipop Versionを採用したタブレットである。

独自ユーザインターフェースとしてEMUI 3.1を導入している。

チップセットは64bit対応のHisilicon Kirin 930を搭載する。

CPUはクアッドコアの2.0GHzとクアッドコアの1.5GHzで計オクタコアとなっている。

ディスプレイは約10.1インチWUXGA(1920*1200)IPS液晶を搭載している。

カメラはリアに約1300万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約500万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はLTE版のHUAWEI M2-A01LがFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/ 1800(B3)/900(B8)/800(B20) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2500(B41)/2300(B40)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/900(VIII)/850(V) MHz, TD-SCDMA 2000(B34)/1900(B39) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

Bluetoothや無線LANにも対応している。

なお、モバイルネットワークに非対応のWi-Fi版となるHUAWEI M2-A01Wも用意されている。

Standard EditionとPremium Editionの2種類が存在しており、Standard Editionはシステムメモリの容量が2GBで内蔵ストレージの容量が16GB、Premium Editionはシステムメモリの容量が3GBで内蔵ストレージの容量が64GBとなる。

電池パックは内蔵式で、容量は6660mAhとなっている。

指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

Premium Editionには2048段階の筆圧検知に対応したスタイラスペンとしてM-Penを用意しており、標準セットにM-Penを同梱する。

カラーバリエーションはLuxurious GoldとMoonlight Silverの2色展開である。

価格はStandard EditionのWi-Fi版が349米ドル(約41,000円)、LTE版が399米ドル(約47,000円)、Premium EditionのWi-Fi版が419米ドル(約50,000円)、LTE版が469米ドル(約56,000円)に設定されている。

一次発売国には豪州、チリ、中国、コロンビア、エジプト、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、クウェート、マレーシア、メキシコ、ノルウェー、ペルー、フィリピン、カタール、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、スペイン、タイ、英国、米国、ベトナム、そして日本が含まれている。

mediapadm2100_press
Huawei Technologies

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK