スポンサーリンク

SoftBank傘下のSprintが約2500人を削減



SoftBank Group傘下で米国の移動体通信事業者であるSprintは約2500人を削減したことが海外メディアの報道で分かった。

人員削減は6ヶ所の顧客センターを対象としており、カンザス州のオーランドパークに位置するSprintの本社に勤務する従業員も574人が削減の対象になったという。

Sprintは25億米ドル(約2,958億9,300万円)のコスト削減を計画しており、人員削減はその一環としている。

人員削減によりニューメキシコ州、テネシー州、テキサス州、バージニア州のコールセンターを閉鎖し、オーランドパークとコロラド州のコールセンターでも大幅な人員削減に踏み切った模様である。

多くの顧客はサポートサービスの利用をコールセンターではなくスマートフォンなどでウェブサイトもしくはSprint Zoneのアプリケーションを通じて利用するとしており、コールセンターを中心に顧客センターの需要に応じて人員削減したことを説明している。

THE KANSAS CITY STAR

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年12月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK