スポンサーリンク

韓国のSK Telecomが3G対応スマートウォッチLUNA Watchを発表


韓国の移動体通信事業者であるSK TelecomはTG&Co.のW-CDMA端末「LUNA Watch (TG-W500S)」を発表した。

SK Telecomが展開するスマートウォッチである。

OSにはLUNA W OSを採用している。

チップセットはQualcomm Snapdragon 208 (MSM8208)を搭載する。

CPUはデュアルコアで動作周波数が1.1GHzとなっている。

ディスプレイは約1.6インチで解像度が256*320の液晶となり、表面はCorning Gorilla Glass 3を採用している。

通信方式はW-CDMA 2100(I) MHzに対応している。

SIMカードはシングルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

単体で音声通話の利用が可能である。

Bluetooth 4.1にも対応している。

システムメモリの容量は1GBで、内蔵ストレージの容量は8GBである。

IP55に準拠した防水性能や防塵性能を備えている。

電池パックは内蔵式で、容量は350mAhとなっている。

OSにAndroid 4.4.2 KitKat Version以降のAndroidを採用したスマートフォンと接続して利用することもできる。

リストバンドは基本カラーがGrayとWhiteの2色で、基本カラーの2種類とオプション品を含めると前16種類を用意する。

オプション品はウレタン素材が4種類、天然牛革素材が8種類、さらに限定版のジーンズ素材が2種類となる。

ジーンズ素材はプロモーション用としており、LUNA Watchを購入した顧客を対象に先着1万人に限定して無料で提供する。

Watch Faceは25種類を用意しており、メインクロックのデザインを自由に変更可能としている。

価格は198,000韓国ウォン(約19,000円)に設定されている。

lunawatch_press
SK Telecom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK