スポンサーリンク

ASUS ZenFone 3 (台湾/日本/香港版)とASUS ZenFone 3 Ultra (国際版)で4G LTE+3Gの同時待受を確認


zenfone3

台湾のASUSTeK Computer (華碩電脳)がCOMPUTEX TAIPEI 2016 (2016年台北国際電脳展)に合わせて発表したスマートフォン「ASUS ZenFone 3」および「ASUS ZenFone 3 Ultra」はLTE方式とW-CDMA方式の同時待受に対応することが分かった。

COMPUTEX TAIPEI 2016の会場において、ASUS ZenFone 3およびASUS ZenFone 3 Ultraの実機で確認することができた。

なお、検証に用いた実機の型番はASUS ZenFone 3がASUS_Z012DAで、ASUS ZenFone 3 UltraがASUS_A001である。

展示されていたASUS_Z012DAは認証の電磁的表示で香港特別行政区のみ記載していたが、認証機関の公示情報より台湾の認証を取得済みであることも判明している。

台湾、香港特別行政区、そして日本は同一バージョンであるため、展示されていたASUS_Z012DAは台湾、日本、香港特別行政区向けのTW/JP/HK versionに該当することが分かる。(参考記事)

ASUS_A001は国際向けのWW versionとなり、発売時期が遅く認証機関も未通過であるためか認証表示はなかった。

検証に利用したSIMカードは2枚とも台湾の移動体通信事業者(MNO)であるTaiwan Star Telecom (台湾之星電信)である。

Taiwan Star TelecomはFDD-LTE方式とW-CDMA方式を採用しており、GSM方式を採用しておらず、検証に適していた。

以下、検証結果を写真で紹介する。

zenfone3_dsda_02

SIM 1でLTE方式のデータ通信を利用可能 (ASUS ZenFone 3)

zenfone3_dsda_03

SIM 2でW-CDMA方式の音声通話を利用可能 (ASUS ZenFone 3)

zenfone3_dsda_01

両方のSIMカードスロットにTaiwan Star TelecomのSIMカードを挿入 (ASUS ZenFone 3)

zenfone3_dsda_04

認証の電磁的表示で香港特別行政区の認証を表示 (ASUS ZenFone 3)

zenfone3ultra_dsda_02

SIM 1でLTE方式のデータ通信を利用可能 (ASUS ZenFone 3 Ultra)

zenfone3ultra_dsda_01

SIM 2でW-CDMA方式の音声通話を利用可能 (ASUS ZenFone 3 Ultra)

zenfone3ultra_dsda_03

両方のSIMカードスロットにTaiwan Star TelecomのSIMカードを挿入 (ASUS ZenFone 3 Ultra)

いずれもSIMのステータスにおいて、SIM 1はモバイルネットワークの種類が4G、サービスの状態は音声通話とデータ通信が使用中、SIM 2はモバイルネットワークの種類がUMTS、サービスの状態は音声通話が使用中、データが休止中または使用不可となった。

これにより、SIM 1でLTE方式のデータ通信が利用可能で、同時にSIM 2ではW-CDMA方式の音声通話が利用可能であることが分かる。

なお、データ通信が無効であればアンテナピクトに4G/3G/2Gなどのピクトが表示されず、SIMのステータスから確認する必要がある。

COMPUTEX TAIPEI 2016の会場ではASUS ZenFone 3 Deluxeでも同様の検証を実施したが、モバイルネットワークを利用できない状態の試作機であったため、検証結果は得られなかった。

ただ、ASUS ZenFone 3とASUS ZenFone 3 UltraでLTE方式とW-CDMA方式の同時待受に対応することが確認できているため、最上位のASUS ZenFone 3 DeluxeもASUS ZenFone 3やASUS ZenFone 3 Ultraと同様に対応する可能性が極めて高いと考えられる。

zenfone3_dsda_09

参考までにホーム、通知、SIMのステータスのスクリーンショット (ASUS ZenFone 3)

少なくともASUS ZenFone 3は日本に投入されることがほぼ確実であり、日本ではSIM 1でNTT DOCOMO、KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone、SoftBankまたはそれらのネットワークを利用した仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードで高速なLTE方式のデータ通信を利用し、SIM 2でNTT DOCOMOやSoftBankまたはそれらのネットワークを利用した仮想移動体通信事業者のSIMカードでW-CDMA方式の音声通話を待ち受けするような使い方が可能になると思われる。

なお、ASUS ZenFone 3にはLTE UE Category 4に対応したバージョンとLTE UE Category 6に対応したバージョンが存在するが、TW/JP/HK versionはLTE UE Category 6に対応することが分かっている。(参考記事)

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK