スポンサーリンク

10コアCPUを搭載したスマートフォンXiaomi Redmi Note 4を発表、4G+3Gの同時待受も対応


redmi4

中国のXiaomi Communications (小米通訊技術)はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA2000/GSM端末「Xiaomi Redmi Note 4 (小米 紅米Note 4)」を発表した。

Redmiシリーズとなるエントリークラスのスマートフォンである。

OSにはAndroidをベースとするMIUI 8を採用している。

チップセットは64bit対応のMediaTek Helio X20 (MT6797)を搭載する。

CPUはデカコアで動作周波数は最大2.1GHzとなっている。

ディスプレイは約5.5インチFHD(1080*1920)液晶を搭載しており、画素密度は401ppiである。

2.5Dカーブガラスを採用しており、フロントパネルは淵が丸みを帯びた形状に仕上げている。

カメラはリアに約1300万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約500万画素CMOSイメージセンサを備える。

リアにはカメラ用のデュアルカラーLEDフラッシュを配置している。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/ 1800(B3)/900(B8)/850(B5) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/900(VIII)/850(V) MHz, TD-SCDMA 2000(B34)/1900(B39) MHz, CDMA2000 800(BC0) MHz, GSM 1900/1800/900 MHzに対応する。

LTE UE Category 6およびLTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)に対応し、通信速度は下り最大300Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

SIMカードはデュアルSIMで、Micro SIM (3FF)サイズとNano SIM (4FF)サイズのSIMカードスロットを備える。

プライマリのSIMカードでFDD-LTE/TD-LTE方式を利用時に、セカンダリのSIMカードではW-CDMA方式で同時待受が可能である。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)にも対応している。

標準版はシステムメモリの容量が2GBで内蔵ストレージの容量が16GB、高配版はシステムメモリの容量が3GBで内蔵ストレージの容量が64GBとなる。

電池パックは内蔵式で、容量は4100mAhとなっている。

リアには指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

カラーバリエーションは金色、灰色、銀色の3色展開である。

中国で販売することが決まっており、価格は標準版が899人民元(約14,000円)、高配版が1,199人民元(約18,000円)に設定されている。

redmi4
Xiaomi

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK