スポンサーリンク

AppleがiPhone 6sの予期せずシャットダウンする不具合の原因を説明


米国のAppleはスマートフォン「Apple iPhone 6s」に予期せずシャットダウンする不具合が確認されたとして対象の個体は電池交換を実施している。

電池交換の対象は2015年9月および2015年10月に製造された一部の個体となることが分かっている。

AppleはiPhone 6sで発生した予期せずシャットダウンする不具合の原因を突き止め、中国向けのサポートページで公表した。

電池パックを組み立てる前に電池パックを構成する部品が周囲の空気に長く曝されていたため、通常の電池パックより速く劣化し、予期せずシャットダウンする不具合につながったという。

また、安全上は問題がないことも強調している。

中国では予期せずシャットダウンする不具合に関して消費者団体がAppleに調査を要求しており、そのために中国向けのサポートページでいち早くに原因を案内したと思われる。

Apple

■関連記事
iPhone 6sに予期せずシャットダウンする不具合、Appleが電池交換を実施
中国の消費者団体がiPhone 6やiPhone 6sの電源問題でAppleに調査を要求

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK