スポンサーリンク

ジャパンディスプレイがフレキシブルな液晶ディスプレイFULL ACTIVE FLEXを公開


Japan Display Inc. (以下、JDI)はフレキシブルな液晶ディスプレイ「FULL ACTIVE FLEX」を公開した。

プラスチック基板を用いた液晶ディスプレイで、サイズは約5.5インチ、解像度はFHD(1080*1920)、画素密度は401ppiとなる。

TFTを形成する基板を従来のガラスから変更してプラスチックを採用しており、これにより液晶ディスプレイの超薄型化構造や柔軟性を実現する。

柔軟性を生かして曲面形状を容易に形成できるため、顧客のデザイン自由度も大幅に拡大できるとしている。

また、基板にプラスチックを採用することで、落下時の衝撃による基板の割れを防止するという。

さらにJDIが開発してきた低周波駆動技術を導入して通常の60Hz駆動だけではなく15Hzまでの低周波駆動にも対応し、消費電力の低減を実現するとのことである。

駆動周波数は15Hz、30Hz、60Hzで切り替え可能となっている。

その他、液晶モードは光配向IPS (IPS-NEO)、輝度は500cd/m2、コントラスト比は1500:1としている。

スマートフォンに限らずノートパソコンや車載製品などにも展開する方針で、量産開始は2018年を目指すという。

JDI

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK