スポンサーリンク

中国・恵州の工場で350台のGalaxy Note7が盗まれる


note7_press2

韓国のSamsung Electronicsが中国で保有する工場においてスマートフォン「Samsung Galaxy Note7」が盗難被害に遭ったことが中国メディアの報道で分かった。

春節連休中の2017年1月30日に9人の窃盗犯が広東省恵州市陳江鎮に位置するSamsung Electronicsの工場に押し入り、倉庫内から350台ほどのSamsung Galaxy Note7を盗んだという。

Samsung ElectronicsはSamsung Galaxy Note7のリコールを実施する際に、製造工場のひとつが広東省恵州市陳江鎮に位置するSamsung Electronics Huizhou (恵州三星電子)であることを正式に発表しており、盗難事件はSamsung Electronics Huizhouで発生したと考えられる。

Samsung Galaxy Note7は爆発事故の影響で中国を含めたグローバルにおいて販売が打ち切られたが、Samsung Electronicsは回収した個体や出荷前もしくは販売前の個体を廃棄せずに保管していることを認めており、保管されていたSamsung Galaxy Note7が盗まれた模様である。

なお、当初はSamsung Galaxy Note7をすべて廃棄する方針を示していたが、韓国の環境保護団体などから安易な廃棄には反発が出ており、Samsung Electronicsは暫定的に廃棄を見送っている。

実行犯の9人のうち少なくともひとりは逮捕されたことも伝えられている。

IT之家

■関連記事
サムスン電子、Galaxy Note7の製造と販売を中止することで最終決定

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年7月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK