スポンサーリンク

中国のOPPOが東ティモールのスマホ市場に参入


中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (広東欧珀移動通信)は東ティモール(ティモール・レステ)のスマートフォン市場に参入した。

Guangdong OPPO Mobile Telecommunicationsのインドネシア法人であるIndonesia OPPO Electronicsが東ティモールにおける事業を兼轄する。

東ティモールへの参入に合わせて、東ティモール最大のショッピングモールで首都・ディリに位置するTimor Plazaでは歌手を招いてイベントも実施した。

これまで、東ティモールの移動体通信事業者でTelemorブランドを展開するViettel Timor LesteがGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsのスマートフォンを独自に取り扱うことはあったが、これからIndonesia OPPO Electronicsは東ティモールの移動体通信事業者以外の販売代理店にスマートフォンを正規に納入することになる。

なお、Viettel Timor Lesteは親会社でベトナムのViettel Group (軍隊通信グループ)からベトナム向けモデルを調達しており、Viettel Timor Lesteが販売するモデルの保証義務者はIndonesia OPPO Electronicsではない。

東ティモールでIndonesia OPPO Electronicsを通じて販売されるモデルはインドネシア向けと共通で、すべてインドネシア国内の工場で製造される。

なお、Indonesia OPPO ElectronicsはインドネシアのSelau Bahagia Bersamaと提携し、インドネシアのタンゲランにあるSelau Bahagia Bersamaの工場で独占的にスマートフォンを製造しており、Selau Bahagia Bersamaの工場をOPPO Indonesia Factoryと呼んでいる。

OPPO Indonesia

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK